建物

【ビジネスマガジン】経済成長が著しいインドネシアに会社設立

広い視野を

建物

海外進出に最適

インドネシアでの会社設立を考えるときには、インドネシアへの進出を支援するコンサルティング会社を活用してみてはいかがでしょうか。インドネシアで会社を設立するには、現地でさまざまな手続きを行なわなければなりません。その手続は、現地に詳しい者がいなければスムーズに行なうことができないと考えられます。また、日本とインドネシアでは法律や税制、更には会計基準まで異なってきます。ビジネスを始める前に、このような仕組みを把握していなければ、インドネシア進出は失敗に終わってしまうと考えられます。

マーケティングが大事

海外へ進出するときには、現地でのマーケティング調査を行なうことが大切です。市場の動向を把握していなければ、販売戦略を考えることはできないのです。インドネシアに強いコンサルティング会社を活用すれば、より詳細な情報を手に入れることができます。その情報を分析することによって、会社設立後の事業戦略を組み立てることができるでしょう。

海外に目を向ける理由

インドネシアは、長期的な視点で会社設立をするのに魅力的な国です。今後も著しい経済成長を見込むことができますし、人口も増加すると予想されています。日本国内の需要不足が長期間続いている現在の状況では、視点を海外へ向けて事業戦略をたてることが大切です。より広い視点で市場を探すことによって、ビジネスチャンスを見つける確率が高くなるだろうと考えられます。インドネシアでの会社設立をきっかけにして、東南アジアへと進出していくことをおすすめします。

不向きな業種もある

海外進出でビジネスチャンスを掴みたいというニーズは高く、これから進出に向かっての計画を立てられている企業も多いことでしょう。しかし、インドネシアで成功するには業種ごとでの進出条件を確認しておくことが大切です。例えば、タクシー会社は内資100%に限られていて外資での新規参入ができない状態にあります。これはインドネシア国内の企業を守るために行なわれている施策であるため、簡単に法律が変わることは難しいでしょう。つまり、いくらビジネスモデルが確立されていても、業種次第では難しいこともあるということです。
ただ、このあたりは100%進出が難しいというわけではなく、国営や地元企業と協業したり合弁会社を設立したりすることで解決できる手立てがあります。ですから、まずは進出する国のことを知り、どのように会社設立を進めていくのかを十分検討した上でスタートすることが重要なのです。

チャンスを掴む

ラーメン

ラーメン屋を開業して店舗のオーナーになりませんか。どんな人にでもチャンスがあるのでとても魅力的です。一から店舗運営のノウハウを学んで、日本一のラーメン屋を作りましょう。

もっと見る

上手な活用を

スーツの男女

これからますます経済発展をすることが見込まれるインドネシアに会社設立をしましょう。コンサルティング会社を上手く活用すれば、現地での事業を成功へ導くことができると考えられます。

もっと見る

利用者は今後も増加する

クレジットカード

クレジットカード決済システムを導入すると、より幅広い顧客獲得を実現することができます。これからますます利用者が増加すると考えられるので、この機会にぜひ導入を検討しましょう。

もっと見る